英会話教材に自分を合わせればいいのです

現代は一つの国の言葉が話せるだけでは通用しない時代になりました。普段話している言葉ともう一つ違う国の言葉が話せるのが当たり前のような時代になりました。話せる言葉には英語が必須になりつつあります。なぜなら世界で最も多く使われている言葉が英語だからです。世間にはその英語を習得するための英会話教材が多数あります。どれもこれも英語を短期間で修得できることをうたったものばかりです。ですが言葉というのは短期間でそんなに簡単に習得できるものではないはずです。私たちが普段使っている言葉も長い時間かかって覚えたはずです。英会話教材が短期間で英語を習得できることをうたっていたとしても、それを理由に短期間で習得できないからとやめてしまうのはちょっと早計というものです。人というのは個人差があるものです。同じ英会話教材を使ったとしても習得に個人差があるのは当然のことです。ですからどの英会話教材についても言えることですが、短期間で英語を習得できなくても粘り強く続けることが大事です。その英会話教材を使って英語を習得できた人がいるならば、たとえ時間がかかってもどんな人でも英語が習得できないということはないはずです。どんな教材にも言えることですが、簡単には諦めないことです。


このページの先頭へ戻る